英語110番は、大学受験向け、英語専門家庭教師です。
生徒の特徴を的確に見抜き、何を勉強すべきかをはっきりと示します。

■ 教え子の声 (2008年以前)




 ・無印は、2009年以降のもの(別ページ)となります。
 ・△印は、2008年以前のもの(このページ)となります。
<<2009年以降に戻る
>>社会人編はこちら

生徒の写真 岸波 省吾 くん
合格校 : 学習院大学 経済学部
   麻布高校卒 (2浪)

 僕は中学、高校時代は試験前をのぞいて勉強することはありませんでした。一応大手予備校には通っていたのですが、効果ある勉強をできて いなかったのです。
 当然のことながら現役時は全ての大学に落ちてしまい、予備校の授業では不足して いると思い、急きょ英語は家庭教師もつけることになりました。そこで初めて言われたことは、基礎的な暗記を軽視しているため基本がさっぱりできていないということでした。そのため授業では英語だけでなく、全ての科目に必要になる徹底的な暗記を繰り返し繰り返し行いました。また毎授業で単熟語のテストを行うため、僕のように言われなければ勉強をしないようなタイプの人間でも、勉強をしなければ!と いう一種の危機感のようなものが生まれ、非常に刺激になりました。(たまにさぼって叱られたりしましたが・・・)
 しかし1浪時は勉強に対する考え方が高校時代同様甘いままで、また基礎ができて いないまま予備校の授業を受けていたため、予備校での授業を効率的に利用できず、現役時同様また受験に失敗してしまいました。そのため2浪時は家庭教師の授業に絞り込み、また頻度をあげることで暗記の密度を高めて いきました。そのおかげで今年合格できました!!
 今振り返ってみると、この選択をしなかったらまた受験に失敗していたのでは、と思います。先生には、まだ暗記に関しては甘いと言われて いますが、大学で勉強していくためのいい下地ができたと思います。本当に2年間ありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 Y. S. くん
合格校 : 日本大学 生産工学部
   桐蔭高校卒 (1浪)

 一応大学には行きたいと思うものの、どうしてもやる気の湧かない自分を、大学合格という段階まで引っぱり上げてもらいました。たった半年と いう短い間でしたが、先生には勉強面だけでなく生活面でも色々とお世話になりまして、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。大学に入っても、先生に叩き込まれた勉強法や姿勢を元に、より一層頑張っていく所存です。

△このページの先頭へ

生徒の写真 清田 義信 くん
合格校 : 明治大学 文学部、 法政大学 文学部、 青山学院大学 文学部
   湘南学園高校卒 (大学2年時に受験)

 2年前の現役の頃、一応中堅私大には受かったものの個人的に満足できず、仮面浪人を決意しました。そして一年間独学で勉強して再度受験に挑みましたが失敗し、落ち込んでいる時期にから家庭教師を紹介してもらいました。授業を始めた当初、私は先生から暗記の面では評価を受けたものの、受験において侮れない一般常識の乏しさ、さらには個別指導で重要となるコミュニケーション不足が問題となり、授業が成り立たないこともしばしばありました。しかし先生は粘り強く私や私の父と話し合い、授業形態を変えるなど様々な工夫を施してくれました。受験直前期に入ると先生の的確な指導が自分の物となり、自信がつき、最高のモチベーションで受験に挑めました。また家業と受験との両立に苦しんでいる時には家族以上に励ましてもらい、学習とは違った面からもサポートして頂きました。今春、志望大学に入学しますが安田先生から学んで身につけた知識、考え方、姿勢を今後の大学生活に役立てたいと思います。一年間本当に有り難うございました。

>>この生徒の4年後は   △このページの先頭へ

生徒の写真 田村 聡美 さん
合格校 : 日本大学 歯学部
   光塩女子高校卒 (1浪)

 私が家庭教師・英語110番で初めて英語を教えて いただいてから、2年以上が経ちます。皆さんにお伝えしたいことが山ほどあるのですが、とにかく安田先生は根気強く私を見守って下さいました。高校2年の6月から現在まで、よくこんな私を見捨てなかったと思います(よく叱られましたが)。
 安田先生の英語は、本当に分かりやすいです!! この私が分かりやすいと言うのだから本当です!! 文法は全てに筋が通っています。色々な問題をやって いくうちに、それが実感できるはずです。また問題集などもやりっぱなしにするのではなく、その問題集のための復習テスト(例)を作ってくれたりしました。こうした反復作業によって、習ったことがきちんと定着したのだと思います。単語も覚えにくいものがあれば、一緒にゴロを考えていただけて、今でもそのゴロのおかげで単語の意味を思い出すことができます。
 そして何より、英語だけでなく、多くのことを先生から学びました。私は精神的に子供なので、「大人としての心構え」や「常識」などを沢山教わりました。まだ未熟ですが、安田先生と出会って多くのことを学び、変わった自分がいます。本当に本当に感謝しています。今後も英検対策などで英語を教わる予定ですが、よろしくお願いします。
 先生、ありがとうございます!!

△このページの先頭へ

生徒の写真 久野 心平 くん
合格校 : 東洋大学 社会学部
   東京都立小金井北高校卒 (現役)

 僕が家庭教師・英語110番に入ったのは冬休みからでした。大手の塾に通って英語は他の教科より力を入れ頑張って いたつもりだったのですが、思うような点数がとれなかったのがきっかけでした。僕はその時とにかく焦って いたので新しいことをドンドン覚えようとしていたのですが、そんな時に安田先生にかけてもらった言葉は今でも覚えています。「君は新しいことばかりに目が向いて いるようだけど、まず基礎的な部分で曖昧なところがあるんじゃないか?」 この言葉を言われた時ハッと気付きました。自分では分かって いるつもりになっているが、いざ聞かれてみるとはっきり分かって いないことが確かにあるということに。このあと僕は勉強法を変えて、英語の長文をやるにあたっては、(何となくで済まさず)ちょっと分からないことがあればすぐ調べると いうことを続けていきました。また安田先生の丁寧な指導のおかげで、英語の点数が受験期には見違えるように上がりました。安田先生どうもありがとうございました!!

△このページの先頭へ

生徒の写真 小澤 元樹 くん
合格校 : 帝京大学 文学部
   武蔵工大付属高校卒 (現役)

 自分は英語が苦手で、高校に入ってから逃げるように勉強をして いませんでした。そのため、英語の勉強法がわからず、予備校などで教えられる方法をそのままやって失敗を繰り返してました。
 何故いろいろな方法をやってもうまくいかないのか考えていた時に、家庭教師・英語110番に出会いました。
 それでもなかなか成績は上がりませんでした。しかし、安田先生が何度も「単語の『徹底した』暗記」の重要性を教えてくました。そしてそれに気づいて勉強法を改善していった時に、初めて少しずつ成績は上がって いきました。
 そのおかげでセンター試験では、直前期でも70〜80点台しか取れなかった英語が、本番では6割以上とることができました。
 もし、大手予備校に通い続けていたら、本来一番重要なはずの単語がおろそかになり、センター本番で散々たる結果になって いたと思います。
 そのことに気づかせてくれ、英語に対する恐怖心を取り除いてくれた安田先生に感謝しています。一年間ありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 関 紘子 さん
某専門学校に進学

 私は高校1年生の時鬱病と診断されて、高校に行くのが困難となり中退をしました。
 それから大検を取得し、受験に向けては1人で勉強するより誰かに教えて貰った方が良いだろうと考えて色々と塾を探し体験する中で、出会ったのが家庭教師・英語110番でした。
 自分の体調を考えながら出来る事と、鬱に関しても理解があったという事で、ここにしようと決めました。
 私は英語が苦手だったので、初歩から教えて貰いましたが、1単元ごとに丁寧に説明をしてくれ、また単語や熟語のテストでの注意点やゴロ・語源など、教科書だけでは教えてくれないような事も教えてくれ、英語も暗記だけでなく、論理的な事が関係して いるのだと解るようになりました。
 英語とは関係の無いニュースも色々と話すなど、違う観点からの見方を知ることが出来て勉強になりました。
 結果的に、英語とはあまり関係が無いところへ行くことになりましたが、家庭教師・英語110番で勉強して良かったと思います。英語嫌いだった私が以前より英語に興味を持ち、英文を読んだ時に前後関係から意味を推測したりして、和訳ができるようになったのは凄い進歩だと思っています。
 休みも多かったですが、色々と教えて下さりありがとうございました。

<<教師より: 基本的に努力の成果は全て公開したいと思っているのですが、
困難な問題を抱えた中公開してくれたことに感謝します。>>

△このページの先頭へ

大木島 清香 さん
合格校 : 文教大学 人間科学部
   日大習志野高校卒 (1浪)

△このページの先頭へ

生徒の写真 嶋崎 友希 さん
合格校 : 聖マリアンナ医科大学 医学部
   秀明高校卒 (2浪)

 英語重視と言われる医学部を受験するにも拘らず、私は英語がとても苦手でした。二浪するにあたり、知人の紹介で「家庭教師・英語110番」のことを知りました。一浪の時に自分であれだけ努力しても伸びなかったのだから、苦手科目こそ個別指導が良いのではないかと思い、安田先生の門を叩きました。先生の授業を受けて いくうちに、自分の今まで学び方と授業が全く異なっていることに驚きました。どの科目にも共通することですが、やはり勉強は『基礎固め』が最も大切であると、改めてわかりました。「医学部の英語は難しい」と いうことが頭にあったので、私には難しいことにばかり手を出す悪い癖がありました。その癖が私の英語の成績が伸びない最大の原因でした。その癖を直し、あとはすっきりとまとめられている先生の授業を頑張って覚えました。先生から教わったことは応用が利き、受験時は、去年まであれほど恐怖に感じていた英語が、もっとも解くことが楽しいと感じられる科目へと変わって いました。私は今年、本当に「家庭教師・英語110番」に出会えてよかったと思います。せっかく英語が好きになれたので、この一年学んだことをこれからも活かして いこうと思います。一年間本当にありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 清田 淳子 さん
合格校 : 帝京大学 医学部
   湘南白百合高校卒 (3浪)

 私は当初医歯薬系予備校に通って いたのですが、授業時間が長すぎて、逆に自分の勉強時間がとれず、予備校を変えました。とりわけ苦手だった英語は、どの授業を聞いても、自分のわからないところを教えてもらえなかったという感じで、英語は家庭教師にしようと決めました。
 そして英語110番で教わることになったのですが、大正解でした。自分が出来ないことに的を絞って教えてもらえるのは言うまでもなく、宣伝通り、説明が非常にわかりやすく、しかも体系的に整っていて、最終的には、わからない箇所に出くわした時に、どこを調べたらよいかがすぐにわかるようなノートが完成していました。またいろいろなものに手をつけず、同じものを反復すると いうやり方を徹底されたのもよかったと思います。さらに長文の指導では、解き方だけでなく、その内容を元に様々な知識を語ってもらい、一般常識が乏しい私には、これも勉強になりました。実際、小論文や面接でも役立ちました。
 おかげさまで、英語の偏差値は50未満だったものが、70以上(河合塾の模試)まで上がりました。
 成績も上がり、目標も達成できただけでなく、嫌いだった英語が好きになったのも嬉しいことです。家庭教師・英語110番で身につけた知識とか考え方とか姿勢とかは、今後も役立つものだと思います。今までありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 横井 英人 くん
合格校 : 川崎医科大学 医学部
   秀明高校卒 (3浪)

 高校時代から英語は一番の苦手科目で、他の教科の足を引っ張って いたので、英語を勉強すること自体が嫌でしたし、何を勉強していいかもよくわからないまま、無駄な労力を費やしていました。
 そんな時家庭教師・英語110番に出会って、授業を初めて受けたときは驚きました。とにかく無駄がないんです。決まったレールの上を走って いるようでした。具体的に言うと、プリントを配って、そのプリントに先生の指示通り自ら書き込み、自分だけの参考書を作っていく感じです。復習もしやすく、英語の勉強が次第に楽しくなりました。まさに自分のような凡人のための勉強法だと思いました。結果、英語の成績は偏差値50未満→60以上取れるまでに成長し、今年医学部合格を果たしました。
 受験は間違いなく英語が鍵です。自分の英語力は凡人レベルだと自覚して いる人は、ぜひ安田流をお勧めします。では、頑張って下さい。

△このページの先頭へ

生徒の写真 山崎 浩史 くん
合格校 : 聖マリアンナ医科大学 医学部
   神奈川県立相模大野高校卒 (大学2年時に受験)

 僕は一浪時に医学部に全滅してしまい、すべり止めだった都内にある理系大学へ進学しました。しかし医師になりたいという強い思いから、医学部への再受験を決めました。そして知人の紹介で家庭教師・英語110番に出会いました。この英語110番との出会いが、僕の医学部合格に一番影響したと断言できます。
 その理由は何と言っても授業にあります。安田先生は、自分では分からない弱点を的確に判断し、まさにその弱点を克服するための授業をしてくれました。また模試などでも常にアドバイスをしてくれました。
 授業で使われるプリントもとても中身の濃いもので、やり込めばやり込むほど、確実に自分の力になりました。英語の命とも言える単語、熟語も、毎回徹底的にテストがなされ、僕にとっては効果バツグンでした。また、1つの単語には様々な意味、ニュアンスがありますが、安田先生はそこも徹底的に教えてくれました。(right の意味って、「右」「正しい」だけじゃなかったんですね!)
 僕は安田先生のおかげで、英語が上達し好きになりました。本当に、本当にありがとうございました。心から感謝しています。そしてこれからもしっかり頑張って いきたいと思います。

△このページの先頭へ

生徒の写真 小泉 雄一 くん
合格校 : 鶴見大学 歯学部、 奥羽大学 歯学部、 松本歯科大学 歯学部
   神奈川県立大和高校卒 (2浪)

 僕は一浪時に医療系専門予備校に通って いましたが、当時はろくに勉強もせず、案の定受験に失敗し二浪が決定。
 集団授業は向かないかなと思い、今年こそは!と奮起して家庭教師・英語110番にお世話になることになったものの、春〜夏頃は「何とかなる」と思ってプリントの保管とノート作成くらいしかしてませんでした。しかし秋頃にいい加減危機感を感じて、真面目に勉強をしようと思ってからは、我ながら目覚しい進歩を遂げたと思います。それも全て安田先生のおかげ。
 先生自作の各単元ごとのわかりやすいプリントをもらったり、間違いを細かく指摘してもらえるなど、マンツーマンの良さを最大限に活かした授業をしてもらいました。そして授業内容の理解とともに、それまでは何をしていいかわからなかった自宅での勉強の仕方も、次第にわかるようになっていました。英語以外でも色々な話をしたり、心の面で支えになってもらえたことも大きいと思ってます。
 結局入試では英語が一番の武器になりました。安田先生に英語の極意を教わって いなかったら、今頃三浪が決定していたでしょう。先生には感謝するばかりです。本当にありがとうございました。これからもその極意をたくさんの生徒に教えてあげて下さい。

△このページの先頭へ

生徒の写真 T. A. さん
合格校 : 職業能力開発総合大学校 工学部
   神奈川県立湘南高校・通信過程卒 (受験時27歳)

  <TITLE> ここじゃなければ受からなかった

 私が本格的に大学受験を決めたのは、通信制高校を卒業した今年の春でした。
 5月末位に「全統模試」を受けたときは、一つの長文に知らない単語が68個もあり、文法もちっとも解けないので、時間が余りまくるという状態でした。「こんな問題が解けるのは一部の特殊な頭のよい人だけなのだろう」と、本気で当時はそう思いました。
 家庭教師・英語110番に出会ったのは6月の中旬です。大手予備校から家庭教師までネットで調べ、資料を請求し直接足を運んで見学しましたが、HPを見た時に何か「びびっ」と感じた英語110番に行ってみることにしました。
 最初授業料を見たとき、少し高いかも・・・と思ったのですが、体験授業を受けて、その分かりやすさに感動し、英語110番に決めました。
 それ以降、先生のご指導の下、単語や熟語の暗記をはじめ、先生の独自の決まりごとによる文法を学んでいきました。その後、9月21日の代ゼミ模試ではわからない単語も数個に減っていて、128点(偏差値は57.5)も取る事が出来ました。
 入試の日、英語の問題は結構難しかったのですが、8割以上の点が取れたと確信でき、結果合格する事ができました。
 英語110番は個人指導なので、その時の自分に合ったレベルで説明して下さり、とても分かりやすかったですし、問題集も自分に合ったレベルの物を選んでもらったので、その試行錯誤に割く時間が大幅に節約できました。周りの受験情報に振り回されることもなく、勉強に集中できたのもとてもよかったと思って います。きっと大手の予備校などに行っていたら、ついていけずに劣等感ばかり感じて いたと思います。
 短い期間で、最大限に実力を伸ばしてくださった安田先生に感謝しています。本当にありがとうございました。

>>この生徒の授業の全記録はこちら   △このページの先頭へ

生徒の写真 佐柄 祐介 くん
合格校 : 東海大学 医学部、 愛知医科大学 医学部、 立教大学 理学部
   神奈川県立鶴嶺高校卒 (3浪)

 私は自ら勉強をするというのが非常に苦手で、しかも一度勉強をすると決めても、何をすべきなのか、何から始めればよいのかわからず、とりあえず目の前にある問題集を、何となく解いてみると いうのがいつしか私のスタイルになって いました。
 しかし、安田先生に出会い英語を教わると、私のしてきたことはただ教科書や、参考書などをなぞっているだけなのだと自覚しました。なぞるだけでは、しっかりと知識として頭の中に根付いてくれないのです。
 安田先生が教えてくれることは単に問題の答えではありません。理論で答えへの道筋をつくり、答えへの方向づけをしてくれるので、次に新しい問題に出会ったときでも、自らを信じ、答えを導き出せるのです。これこそが安田先生に教わる最大のメリットだと思います。
 これからは、医師になるために、自分自身で勉強しなければなりませんが、安田先生はそうした「自分で勉強する」と いう面でも、色々と手助けしてくれました。本当にありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 村岡 寛之 くん
合格校 : 日本医科大学 医学部、 北里大学 医学部
   青山学院高等部卒 (1浪)

 当初私は、英語が得意でもなく苦手でもなくと いう状態だったのですが、安田先生のおかげでいつの間にか安定して高得点をとることができるようになりました。それは先生の授業の特徴でもある基本事項の徹底のおかげだと思います。最終目標である長文の読解は英文法の理解・暗記によって確実に読めるようになる。その最短ルートを導いてくれるのが安田先生なのです。だんだん読めるようになる長文のおかげで得点が伸び、先生の穴のない学習は得点の伸び悩みも防ぎ、英語にいつの間にかのめり込んでしまいました。私の場合は特に長文を読むのが好きになり、先生に会う度に問題をもらって いましたし、難しいものを粘って解くことに楽しさを感じることもできるようになりました。結果的に入試を終えてみて、やはり英語はどこの学校でも得点源にすることができました。英語を好きにさせ、確実に得点をとれるようにしてくれた「安田マジック」に本当に感謝しています。一年間本当にありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 大和田 玄 くん
合格校 : 久留米大学 医学部
   神奈川県立追浜高校卒 (1浪)

 僕が安田先生と出会ったのは去年の5月くらいなんですが、その頃の僕は「英語はフィーリングでなんとかなるっ!」と思っていました。実際、英語の成績は悪くはなかったと思うし、教科自体も嫌いではなかったので「このまま行けばイイやっ」と思っていました。しかし、安田先生の授業のタイプはまったく違い、始めのうちから徹底した基礎固めをさせられました。しかし、その基礎の徹底が今の自分をつくりあげたと思います。
 まず、今まで見たことがない詳しい分類がなされた表、その表を覚えるためのゴロ合わせ、さらにはその分野ごとにまとめられた入試問題など挙げればキリがない程に工夫がなされてます。僕は昨年の12月で受験が終わってしまったのですが、今でもハッキリと安田先生が作ってくれた表を思い出し、書き出すことができます。また、受ける大学がどのような問題を多くだし、どこに重点をおくべきか、またその為には何をすればイイかをよく知ってるところも先生のセールスポイントだと思います。
 受験生の1年間はほんとあっと いう間に過ぎて いきます。合格には本人の努力はもちろんとして、どんな先生に教えてもらうかによって決まると僕は思います。僕は安田先生のお陰で大学生になれたと思ってます。これからも安田先生らしい分かりやすい授業、そしてユニークな授業をドンドン行ってください。 ありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 小島 真菜美 さん
合格校 : 北里大学 獣医畜産学部、 日本大学 生物資源学部
   湘南工科大付属高校卒 (2浪)

 毎週、単・熟語テストをしていたのですが、それは先生手作りの私専用のホームページを利用して、授業前に終わらせると いうもので、授業の時間がとても有効に使えました。そして、覚えにくい単語があれば、覚えやすいように語呂合わせを作ってくれました。
 私は初め、英文というものを単語だけで読んでいたので、訳の取り間違いが多々ありました。しかし、安田先生の文法は徹底していて、文法問題はもちろん、長文読解でも役立ち、英文がとても読みやすくなりました。先生と一緒に作り上げた自分流の文法ノートは、今でも私の宝物です。また先生は、英語だけでなく、教養の面でも丁寧に教えてくれたので、長文の内容の背景がわかるようになり、その面でも長文が読みやすくなりました。
 1年間の授業を振り返ると、英語の能力だけでなく、学ぶということそのもののやる気が向上し、様々なことに興味を持てるようになった気がします。自分にとって、大きな1年間でした。

△このページの先頭へ

生徒の写真 大久保 まり さん
合格校 : 北里大学 獣医畜産学部
   鶴見女子高校卒 (1浪)

 私は安田先生に教わる前までは自信を持って英語の問題を解いていた事がはっきり言ってほとんどありませんでした。けれども安田先生に教わり、最初は教わった事がなかなか定着せずにいましたが、先生を信じ、教わった事は忘れない様何回も復習し勉強して行ったら、いつの間にか自信を持って解答出来る様になって いました。
 勉強は辛いイメージですが、安田先生の授業は楽しく、辛いと思った事がなかっただけでなく、いつも笑いが絶えなかった印象があります。時々話してくれる豆知識みたいなのもおもしろかったです。安田先生は親しみやすくとてもいい先生だし、とても頼りになります。今まで英語を頑張って来れたのは、安田先生のおかげだと心から思っています。本当に本当にありがとうございました!

△このページの先頭へ

生徒の写真 中村 勇 くん
合格校 : 日本大学 松戸歯学部、 鶴見大学 歯学部
   横浜市立金沢高校、日本大学文理学部卒 (受験時28歳)

 私は二十代後半にして歯科医師を志し、大学に行く決意をしました。そこで当然受験をすることになったのですが、現役の頃から英語の苦手だった私は、どのように勉強すればよいのかすら分からず悩んでいました。そのような状態で出会ったのが安田先生です。安田先生の講義はまず文法の基礎の徹底から始まりました。明快な理論により解説してもらえるので、文法における重要事項は、暗記の苦手な私ですら自然と覚えてしまいました。さらに講義の回数に比例して、解ける問題が増えていくので、学力がみるみるついて いくのが自分でも分かり、あれほど苦手だった英語の勉強が楽しくなりました。安田先生の講義には「あいまい」な事がありません。すべて理論に基づいて教えてくれます。そしてそれは実際の試験で生きるものです。さらにカリキュラムがしっかりしているので、階段を登るように、確実に学力を上げることができます。私が志望大学に入学できたのは、安田先生に英語を教えてもらったおかげです。本当にありがとうございました。

△このページの先頭へ

生徒の写真 H. J. くん
合格校 : 日本大学 歯学部、 日本歯科大学 歯学部
   神奈川県立横浜翠嵐高校卒 (受験時27歳)

 私は単語と熟語をこんなに勉強して いるのに、なぜ模試では点が低いのかと、いつも疑問に感じていた。やはり文法をきちんと学び、長文も文法に基づいてきちんと読むべきなのかと思い、安田先生に勉強を見てもらうことになった。
 私の考えでは、一年と いう短い期間で英語力を伸ばすには、一人の教師に教わるのが最も効率がよいと思う。というのも、英語のことがほとんど分かって いない状態で、複数の教師からいろいろな教え方をされると、頭がこんがらがってしまうからだ。
 もちろん、一人の教師をいきなり信頼することは不安だと思う。しかし私は、5月のセンター模試で100点を超えられなかったのが、冬の最後の模試では160点以上までになり、第一志望の日大歯学部にも合格できた。こうした成果からしても、この教師を信頼するのは絶対間違いがないと思う。
 年間の流れで重点を置いた分野は、4〜6月が文法、7〜8月が精読、9〜11月が長文、11月以降が総合問題といった感じで、11月後半には、英語という教科に対し自信がついてきた。
 やはり英語は語学なので、最初はつかみどころがないが、やればやるだけ成績が伸びるのも確かだ。そう思えるようになったのも、安田先生に出会い、効率よく英語を教わったからだと思っている。

△このページの先頭へ

生徒の写真 K. A. さん
合格校 : 日本大学 松戸歯学部
   香川県立観音寺第一高校卒 (1浪) ・・・ 浪人時に上京

 高校時代から英語が苦手で、それはもう拒否反応といってもいいくらいでした。当然、受験科目の生物、数学、英語の中でも、英語の成績は一番悪かったです。それは、10月を過ぎても、4月から使い始めた単語集「ターゲット1900」が覚えきれず、文法って何?くらいのイキオイでした。受験において、一番時間を費やし、毎日コツコツと勉強して いかなければいけないと言われている英語。このままでは、英語が足を引っ張り・・・失敗!!と いうのは目に見えて いました。
 あせった私は、その当時通って いた予備校の授業とは別に、安田先生に個別指導をお願いすることにしました。先生は、初めに50問の単語TESTをし、次に、来週TESTを行なう50問の単語に目を通し、最後に志望校の赤本を解いていく、というスタイルをとりました。
 TESTで間違った単語については、ゴロ合わせをつくります。これは、すでに出来上がった市販の単語集を使って覚えるのとは違い、先生と話しながら、いっしょにゴロ合わせを作っていくので、頭にすんなり入ってきます。相変わらず怠けたので、英単語を書くことはなかなかできませんでしたが、日本語に直すことはできるようになりました。
 受験直前には、あの大嫌いな英語の長文を楽しんで解けるようになったのは、きっとこのおかげだと思います。

△このページの先頭へ

生徒の写真 福村 剛 くん
合格校 : 神奈川歯科大学 歯学部
   神奈川県立逗葉高校卒 (3浪)

 私は、「何も考えなかった」現役時、「何とかなる」と思っていた1浪時、「そこそこやったから大丈夫」と考えた2浪時を経て、ようやく受験の厳しさを知り、何とかしなければとアセリました。とは言うものの、何を勉強したらよいのか、どこから手をつけたらよいのか、さっぱりわかりませんでした。
 そこで最後の勝負を賭け、安田先生に英語を見てもらうことになったのですが、このHPで言っているように、先生は本当に役立つ「決まり事」を教えてくれました。実際、練習問題を解いて いても、「ああ、あの決まり事をあてはめればいいんだ」とわかることが非常に多く、「わかる」→「おもしろい」→「やる気が出る」と いういい循環をして いたと思います。
 苦手だった単語も、毎回の単語テストを通して、暗記しやすい環境を作ってもらったり、語呂で覚えやすくしてもらったり、多義語の覚えるべき意味を絞ってもらったりと、いろいろお世話になりました。
 あと、長文の教材などを志望校に応じて、自分向けにアレンジしてもらったのも(長文の単語の注を増やす、和訳問題を追加する等)、無駄なく勉強できてよかったと思います。
 どうせできないという「あきらめ」を、やればできるという「希望」に変えてくれた安田先生には感謝しています。はるばる逗子から先生の教室まで通った甲斐がありました。

△このページの先頭へ

<<2009年以降に戻る
>>社会人編はこちら