「副詞、前置詞句は文の要素にならない」 ・・・ 受験英語でよく言われるフレーズなのですが、この件は、イメージとしてつかんでおくことが大事です。


◎ そもそも副詞とは、
・形の上では、主にlyで終わるもの。 ・・・ easily, seriously など。
・意味的には、「〜に」などの、主に動詞にかかる言い方をするもの。 ・・・ easily ⇒ 簡単に、 seriously ⇒ 真剣に、 など。 (ちなみに、thereも「そこ(で)」という意味で、副詞です。)

◎ 前置詞句とは、
・その名の通り、前置詞のついた語句。 ・・・ on the desk, at the station など。(そもそもこうした語句を、1つのかたまりとしてとらえることが重要。)
・品詞的な観点で見ると、主に副詞の働き。 ・・・ on the desk ⇒ 机の上に、 at the station ⇒ 駅で(に)、 といった訳し方をすることから。

◎ 「文の要素にならない」ことに関して
・この件は素朴に考えましょう。例えば上で挙げた副詞、前置詞句は、「真剣に大切だ。」とか「机の上に探した。」といった主語や目的語としての使い方はおかしいわけで、つまり文の要素にならないのです。